ホーム » ビジネスブログ »

SEO・サーチエンジン最適化

2007年12月17日

アクセス解析とKPIについて

SEO・サーチエンジン最適化 

投稿者 野島

こんにちは、ディレクターの野島です。

webサイトが成果・効果を測定するためにアクセス解析を実施することが一般的です。

しかしアクセス解析から収集できるデータはPV数やUU数、滞在時間、直帰率、離脱率など....。
このようにかなり多くのデータが拾い出せるため、何の数値を見るべきなのか迷う事が多いのではないでしょうか。

やみくもに多くの数値を見るのでは効果を正しく計ることは出来ません。
webサイトの目的は何なのか?そのために何の数値を指針とするべきなのか?を明確にすることが重要になります。
アクセス解析をする上で何を指針にするべきかのポイントをまとめました。

目標を立てる

アクセス解析というと、PV数やUU数という言葉が真っ先に浮かびます。
しかし全てのwebサイトがPV数を効果の指針となるのでしょうか?
ショッピングサイトではPVよりも売上数がwebサイトの目的であり、教育施設・住宅などを扱うwebサイトでは問合せ数、カタログ請求数がwebサイトの目的となっているのではないでしょうか。
つまり、webサイトのタイプによって何を重視するのかが違ってきます。

以下にwebサイトの代表的なタイプとその役割をあげてみました。

  • eコマース型:(カタログ・決済システムをつくり)製品やサービスをオンラインで購入してもらう。
  • 見込み客獲得型:資料請求などのコンバージョン率を最大化し、営業活動に役立つリード(見込み客)情報を獲得する。
  • ブランド育成型:より多くのウェブユーザーにリーチし、製品・サービスのページをより多く閲覧してもらうことにより、ブランド認知を拡大する。
  • カスタマーサポート型:店舗業務をインターネットでも展開し、顧客満足度の向上およびサポートコストの低減を図る。
  • コンテンツ・サービス提供型:より多くのページを閲覧するリピーターを獲得し、広告収益またはサービス課金を最大化する。
この中のどれかに照らし合わせることでwebサイトのタイプと役割、ひいては目的を整理します。 正しい効果測定をするためにはサイトの目的が何なのかを明確に明確にし、運営する方、管理をする方、効果測定する方全員で可視化と共有化をすることが重要になります。

KPIを立てる
webサイトの目的を整理したところで、目的に対しての達成率を図るための指針を決定します。
先ほど例に出したwebサイトのタイプに指針を当てはめると以下のようになります。

kpi-img.jpg

webサイトがどこに向かおうとしているかを理解した上で、現在、その道のりのどのあたりにいるかを測るという視点で効果測定を行なうこと、すなわちKPIを運用前に決めておく事がWeb戦略の実行を効果的に行なう上では非常に重要です。

投稿者 野島 : 11:05

Movable Type用高機能メールフォーム生成プラグイン A-Formの詳細へ
Movable Type用会員限定サイトプラグイン A-Memberの詳細へ
Movable Type用予約サイト構築プラグイン A-Reserveの詳細へ
ARK-Web×CSR(企業の社会的責任)

アークウェブの本

Zen Cartによるオンラインショップ構築・運用テクニック―オープンソース徹底活用

Zen Cartによるオンラインショップ構築・運用テクニック―オープンソース徹底活用

内容充実のZen Cart公式本(v1.3対応)がついに発表です。アークウェブのスタッフをはじめZen-Cart.JPの中心メンバーが共著で執筆しました。続きを読む

Movable Type プロフェッショナル・スタイル

Movable Type プロフェッショナル・スタイル

ビジネスサイト構築におけるCMSとしてのMTの活用方法について、豪華執筆陣による実践的MT本です。八木が共著で執筆しました。続きを読む

Web屋の本

Web屋の本

Web 2.0時代の企業サイトの構築・運用などの戦略を考える「Web屋の本」 (技術評論社)を、中野・安藤が執筆しました。続きを読む

新着はてブ

Loading

アーカイブ

応援しています

  • キッズ・セーバー
  • ソロモン・リリーフ ─ソロモン諸島を応援する有志による、震災復興支援プロジェクト─

    (終了しました)

RSS配信

 

サービスおよびソリューション一覧


最新情報・投稿をチェック


このページのトップに戻る

Photo by A is for Angie

Powered by Movable Type Pro 6.0.1