ホーム » ビジネスブログ »

RIA (システム開発)

2009年5月18日

Zen Cart携帯版×Flash:「商品みるなびFlash!」でZen Cartの商品情報をちょっとリッチに見せる

RIA (システム開発)  オープンソース 

投稿者 竹村

最近auからdocomoにキャリアを乗り換えたSEの竹村です。
携帯電話の各キャリアのオフィシャルページやオンラインショップなどでFlash Liteを利用してコンテンツを効果的に見せるサイトが増えてきています。

このブログでも以前取り上げた『携帯RIA:COACHの携帯Flashサイトに見る、Flash Liteで魅力的な携帯サイトをつくるコツ』もFlashでカラーバリエーションを見せたり、実際に持った大きさ比較ができたりと、Flashならではのコンテンツの見せ方ができるようになっていました。

アークウェブでも携帯用Flashを利用して何かできないか...ということで今回の「商品みるなびFlash!」を作りました。これは、Zen Cartの商品情報と連携して商品一覧をFlashで表示できます。
商品一覧から商品の詳細画像を表示して、気に入った商品はZen Cartの商品詳細に遷移することでカートに入れられる仕組みとなっています。

kidz_Tshuts_all.jpg

下記にデモ環境がありますので、携帯でアクセスしてください。

http://okra.ark-web.jp/~takemura/public/flash/lite2.0/for_zen-cart/index.php?main_page=page&id=15&chapter=0

このQRコードからもアクセスが可能です。

より詳しい説明については『みるなびFlash!の紹介』をご覧ください。

以下では、このモジュールをどのように利用できるか、またオープンソースなのでどのようにカスタマイズできるか、について考えてみました。

このモジュールをどのように利用するか

このモジュールの利用シーンとしては、Zen Cartからカテゴリに関係なく特定の商品だけを選んで商品一覧を作ることができるので、特集のような形で商品一覧をユーザに提供できるようになります。
また、上記の例で「例2 Kid's Tシャツ | デモショップ」のようにショップ名などの任意の文言を表示しておける機能があり、ここに特集のタイトルを書いておくことも可能です。


どのようにカスタマイズできるか

以降は、現在は実装していませんが、実装するとより使い勝手が向上しそうなカスタマイズについて考えてみました。もし、カスタマイズが必要であれば弊社にご依頼いただければ対応可能です。

複数のグループを表示できるようにする

現在は、みるなびFlash!を起動すると「アイテム一覧を見る」というボタンがあるだけですが、ここに「バッグの一覧を見る」「時計の一覧を見る」などと複数の商品グループから商品一覧を見られるようにできると、なお良さそうですね。

商品数を16件より多くする

現在は、商品一覧の点数は4×4の16件までしか表示できませんが、実装のアーキテクチャ的には、商品点数が16件より多い場合でも下にスクロールできるようにしてあります。
これは『Flash/Lite/KlabのケータイFlash勉強会デバッグ会に行ってきました』に書いた画面内スライドの機能と同じように実装されています。

下記のダウンロードフォームから「みるなびFlash!」一式の他に、Flashのソースコードも落とせます。 ライセンスはGPL v2です。規約の範囲内でのカスタマイズが可能です。

https://www.ark-web.jp/zen-cart/download.html

これらについてのカスタマイズが必要であれば弊社にご依頼いただくことも可能です。お気軽にご相談ください。

投稿者 竹村 : 09:12

その他の記事


Movable Type用高機能メールフォーム生成プラグイン A-Formの詳細へ
Movable Type用会員限定サイトプラグイン A-Memberの詳細へ
Movable Type用予約サイト構築プラグイン A-Reserveの詳細へ
ARK-Web×CSR(企業の社会的責任)

アークウェブの本

Zen Cartによるオンラインショップ構築・運用テクニック―オープンソース徹底活用

Zen Cartによるオンラインショップ構築・運用テクニック―オープンソース徹底活用

内容充実のZen Cart公式本(v1.3対応)がついに発表です。アークウェブのスタッフをはじめZen-Cart.JPの中心メンバーが共著で執筆しました。続きを読む

Movable Type プロフェッショナル・スタイル

Movable Type プロフェッショナル・スタイル

ビジネスサイト構築におけるCMSとしてのMTの活用方法について、豪華執筆陣による実践的MT本です。八木が共著で執筆しました。続きを読む

Web屋の本

Web屋の本

Web 2.0時代の企業サイトの構築・運用などの戦略を考える「Web屋の本」 (技術評論社)を、中野・安藤が執筆しました。続きを読む

新着はてブ

Loading

アーカイブ

応援しています

  • キッズ・セーバー
  • ソロモン・リリーフ ─ソロモン諸島を応援する有志による、震災復興支援プロジェクト─

    (終了しました)

RSS配信

 

サービスおよびソリューション一覧


最新情報・投稿をチェック


このページのトップに戻る

Photo by A is for Angie

Powered by Movable Type Pro 6.0.1