Movable Type

ホーム » Movable Type » A-Form Payment - Movable Typeに買い物合計と決済機能を追加するMTプラグイン

A-Form Payment - Movable Typeに買い物合計と決済機能を追加するMTプラグイン

A-Form Payment(エーフォーム・ペイメント)

A-Form Payment は、自由度の高いフォームを作ることができるMovable Type用プラグイン「A-Form」に 買い物(購入合計金額の計算)機能支払い機能(クレジットカード決済、銀行振込・郵便振替、代引きなど) を追加することができるプラグインです。
A-FormとA-Form Paymentを連携することで、Movable Typeで構築したウェブサイトに 簡単なショッピング機能 を持たせることができます。

機能や特徴

A-Form Paymentをインストールすると、A-Formに次の機能が追加されます。

動作環境

スタティックパブリッシングダイナミックパブリッシング
PC
スマートフォン- (※)
フィーチャーフォン(ガラケー)- (※)

※ ケータイキットがダイナミックパブリッシングに未対応のため

価格

54,000円(税込)
(Movable Type1ライセンスあたり、弊社プラグイン製品も1ライセンスが必要になります。)

試用・ご購入

当プラグインは、まずは試用版(フル機能版・無料)をダウンロードしていただき、機能を確認していただいた後にご購入いただくという流れになっています。試用版は以下のフォームからお申し込みください。

試用版のお申込み

※NPO、NGO、ボランティア団体、2011年3月11日の東日本大震災で被災された企業・団体の方向けに「無償ライセンス」を用意しています。詳細は こちら

マニュアル

ファイルのアップロード

以下は、MT及びA-Formはすでにインストール済みの状態で行ってください。

ダウンロードファイルを解凍してください。
解凍すると以下のディレクトリやファイルが展開されます。

README.txt          <- このファイルです。
mt-static/plugins/  <- 以下、解凍ファイルの[mt-static]ディレクトリと呼称します。
plugins/            <- 以下、解凍ファイルの[pluings]ディレクトリと呼称します。

Movable Typeをインストールしたディレクトリの

※[mt-static]ディレクトリがブログごとにある場合
ブログごとに異なる[mt-static]ディレクトリを設けている場合は、それぞれの[mt-static]ディレクトリに、解凍ファイルの[mt-static]ディレクトリをコピーしてください。

特にパーミッションの設定は必要ありません。

使い方:お支払方法パーツの設定

aform_payment_1.png

支払方法管理での設定

使い方:決済金額

クレジットカード決済で与信、または売上計上させる際の金額を設定します。

固定額で設定

固定額で設定できるほか、ユーザーの入力値から金額を計算することも可能です。

例1:ユーザーが指定したドロップダウンパーツの値を金額とする

ドロップダウンパーツのパーツID値を「kingaku」にします。

このフォームの管理画面から決済金額を「計算式」にして「$kingaku」をセットします。

※なお、下記の例の正規表現では$kingakuの値から数字以外をカット(カンマや「円」を取り除く)ことを意図しています。

$kingaku =~ s/[^0-9]//g;

これにより、ユーザー側で指定したドロップダウンの金額のみが決済金額として渡されます。

例2:ユーザーが指定したドロップダウンに「その他」を設けて自由入力を可能とする

ドロップダウンパーツのパーツID値を「kingaku」にし、ドロップダウンに「その他」を追記し、テキストパーツのパーツID値を「kingaku_etc」にします。

このフォームの管理画面で、決済金額を「計算式」に設定し、下記のようなperlコードを記述します。

下記のperlコードでは、金額・金額(その他)かカンマや「円」を除去して数字だけを取り出し、もし「金額(その他)」に値があれば「金額(その他)」を利用し、ない場合は「金額」の値を利用する、という指定を行っています。

$kingaku =~ s/[^0-9]//g;
$kingaku_etc =~ s/[^0-9]//g;
my $par = ($kingaku_etc ne '' ? $kingaku_etc : $kingaku);
$par;

このように計算式を設定することで、ユーザー側がドロップダウンで金額を指定した場合はその金額が利用され、ドロップダウンを「その他」にした場合はユーザーが自ら入力した金額が利用される、という指定が可能になります。

計算式を用いることで、複数の入力パーツ(例:ドロップダウンやラジオボタン)にID値を設定した上でそれらの金額を合算したり、またある商品の個数をドロップダウンで選ぶと合計金額を送信する、といった計算も可能になります(perlによる記述が必要です)。

有効な支払方法

aform_payment_3.png

銀行振込・郵便振替の設定

aform_payment_4.png

使い方:代引きの設定

aform_payment_5.png

使い方:クレジットカード(ZEUS)の設定

aform_payment_6.png

IPコードIPコードを指定します
電話番号用パーツIDZEUS側に送信させる電話番号を入力させるための、電話番号パーツのID値をセットします
メールアドレス用パーツIDZEUS側に送信させるメールアドレスを入力させるための、電話番号パーツのID値をセットします

その他、詳細な仕様についてや、試用、導入をご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

試用版のお申込み


会員制サイト構築プラグイン A-Member

予約サイト構築プラグイン A-Reserve

アークウェブのMovable Typeブログ

→アークウェブのMovable Typeブログ

MTによるサイト構築はこちら

アークウェブはシックス・アパート ProNet Japanのメンバーです。
Movable Typeなどシックス・アパート製品のシステム導入や構築を手がけるパートナー企業のネットワークに参加しています。



サービスおよびソリューション一覧

最新情報・投稿をチェック


このページのトップに戻る

Photo by ....

Powered by Movable Type Pro