ホーム » ビジネスブログ » アークウェブ »

「Web屋の本 - Web 2.0,ビジネスサイト2.0,Web屋2.0」を書きました

2006年6月22日

「Web屋の本 - Web 2.0,ビジネスサイト2.0,Web屋2.0」を書きました

投稿者 中野

Web屋の本 - Web 2.0,ビジネスサイト2.0,Web屋2.0

プロデューサーの中野です。

このビジネスブログ上で、ぼくは昨年9月から営業日はほぼ毎日ニュースクリップをお届けしていましたが、4月以降休止していました。
その理由のひとつですが「Web制作者と企業/商用サイトにとってのWeb 2.0」についての本を執筆していたためで、今日その本が発売になりましたのでお知らせいたします。

技術評論社:Web屋の本―Web 2.0,ビジネスサイト2.0,Web屋2.0
http://www.gihyo.co.jp/books/4-7741-2814-7

Amazon.co.jp:Web屋の本―Web 2.0,ビジネスサイト2.0,Web屋2.0
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774128147/arkweb-22/ref=nosim


2005年以降「Web 2.0」というキーワードが大きく盛り上がっていますが、個人的にも昨年1月にはクリエイター向けソーシャルブックマークサービス「Snippy」をプランニングしたり、Web 2.0についての寄稿やセミナー講師( 直近ではMdNの第22回web creators conferenceなど )のオファーを多数いただき、「Web制作者と企業/商用サイトにとってのWeb 2.0」というテーマについて集中的に考えるチャンスをいただきました。

それらを下敷きに、「Web 2.0時代、Web制作者はどうあるべきか」「Web 2.0時代のビジネスサイトはどのように変化すべきか」を考え、書き上げたのがこの本です。
構成は以下のようなものです。

---
Chapter1:“What Is Web 2.0”―Web 2.0をWeb屋的に読み解く
Chapter2:ビジネスサイト2.0―企業・商用サイトのWeb 2.0対応
Chapter3:ビジネスサイト2.0―アーキテクチャと実装で考える
Chapter4:CGM・BlogosphereがWebマーケティングを変える
Chapter5:演習 ビジネスサイト2.0をプランニングする
Chapter6:Web屋2.0―ビジネスサイト2.0のための人と組織
Chapter7:ビジネスサイト2.0におけるコストとリスク

Appendix:イケてるWeb 2.0サービス・API総覧
各章末コラム:Web屋2.0のマインドとプラクティス
---

5章の一部とAppendixは、弊社ディレクターの安藤が執筆しています。

あくまで「試論」であり、ビジネスサイトの構築・運営に携わる人たちの議論や新たな取り組みのきっかけになってほしいという思いで書いたものです。
興味があれば、ぜひ読んでみていただきたいと思います。

投稿者 中野 : 2006年6月22日 19:32

カテゴリー: Web 2.0 , Webマーケティング , アークウェブ

タグ: アークウェブ , Web 2.0 , Webマーケティング


Movable Type用高機能メールフォーム生成プラグイン A-Formの詳細へ
Movable Type用会員限定サイトプラグイン A-Memberの詳細へ
Movable Type用予約サイト構築プラグイン A-Reserveの詳細へ
ARK-Web×CSR(企業の社会的責任)

アークウェブの本

Zen Cartによるオンラインショップ構築・運用テクニック―オープンソース徹底活用

Zen Cartによるオンラインショップ構築・運用テクニック―オープンソース徹底活用

内容充実のZen Cart公式本(v1.3対応)がついに発表です。アークウェブのスタッフをはじめZen-Cart.JPの中心メンバーが共著で執筆しました。続きを読む

Movable Type プロフェッショナル・スタイル

Movable Type プロフェッショナル・スタイル

ビジネスサイト構築におけるCMSとしてのMTの活用方法について、豪華執筆陣による実践的MT本です。八木が共著で執筆しました。続きを読む

Web屋の本

Web屋の本

Web 2.0時代の企業サイトの構築・運用などの戦略を考える「Web屋の本」 (技術評論社)を、中野・安藤が執筆しました。続きを読む

新着はてブ

Loading

アーカイブ

応援しています

  • キッズ・セーバー
  • ソロモン・リリーフ ─ソロモン諸島を応援する有志による、震災復興支援プロジェクト─

    (終了しました)

RSS配信

 

サービスおよびソリューション一覧


最新情報・投稿をチェック


このページのトップに戻る

Photo by A is for Angie

Powered by Movable Type Pro 6.0.1