Movable Type

ホーム » Movable Type » A-Form » A-Form ドキュメント » 外部パラメータ受け渡し機能

外部パラメータ受け渡し機能

A-Form ドキュメントTOPに戻る 

A-Form PC/Mobile(フィーチャーフォン対応版)は提供終了しました。

外部パラメータ受け渡し機能

目次


機能概要

「Get」あるいは「POST(ダイナミックパブリッシングの場合)」で、外部パラメータの値をフォームページに受け渡しできる機能です。
受け取った外部パラメータは、フォームの入力データと同様にDBに蓄積され、CSVファイルにも書き出されます。
ユーザには非表示(hiddenの状態)にすることも、フォーム内に表示させることも可能です。サイトの他プログラムと連携を図ることで、様々な使い方ができます。

用途例

外部パラメーター受け渡し機能イメージ

 

受付データのイメージ([受付データ管理]での見え方)

外部パラメータの値は、他の受付データと同様に扱われます。受付データのダウンロード(CSVファイル)にも出力されます。

外部パラメーター受け渡し機能01

使い方

1.MobableType管理画面にシステム権限ユーザでログインします。

2.左サイドメニューから[A-Form]>[フォームの一覧]ページ>[フォーム編集]画面を開きます。

3.[フォーム編集]画面で、右サイドの基本パーツから[外部パラメータ]パーツを中央エリアへドラッグ&ドロップ、もしくはクリックでフォームに追加します。

外部パラメーター受け渡し機能02

パラメータ名を編集

受け渡すデータのパラメータ名(識別名)を半角アルファベットで入力します。
例:上記説明図の場合、パラメータ名を「product」としました。フォームページへのリンクを「~xxxx.html?product=A」でフォームにアクセスすればパラメータproductに"A"という値が入ります。

フォーム内に表示する

[フォーム内に表示する]にチェックを入れると、フォーム内に受け渡された外部パラメータの値が表示されます。チェックなしの場合は、ユーザーには見えない状態(hidden)でパラメータ値が受け渡されます(DBには他の受付データと同様に蓄積され、CSVファイルにも書き出されます)。

受け渡すパラメータの注意点

外部パラメータは、文字コードUTF-8とし、URLエンコードした状態で渡してください。

なお、携帯用フォームで利用する場合(A-Form PC/Mobile 3.0~)は、文字コードはShift-JISとし、URLエンコードした状態で渡してください。

外部パラメータ受け渡し機能 についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ


会員制サイト構築プラグイン A-Member

予約サイト構築プラグイン A-Reserve

アークウェブのMovable Typeブログ

→アークウェブのMovable Typeブログ

MTによるサイト構築はこちら

アークウェブはシックス・アパート ProNet Japanのメンバーです。
Movable Typeなどシックス・アパート製品のシステム導入や構築を手がけるパートナー企業のネットワークに参加しています。



サービスおよびソリューション一覧

最新情報・投稿をチェック


このページのトップに戻る

Photo by ....

Powered by Movable Type Pro