Movable Type

ホーム » Movable Type » A-Form » A-Form ドキュメント » 「A-Form PC/Mobile」モバイル用フォームの基本仕様と制限事項

「A-Form PC/Mobile」モバイル用フォームの基本仕様と制限事項

A-Form PC/Mobile 3の基本仕様

A-Form PC/Mobileには、フィーチャーフォン(ガラケー)、スマートフォン対応として以下のような機能があります。

A-Form PC/Mobile のモバイル用フォームの制限事項について

A-Form PC/Mobile で生成される、モバイル用フォームに関して以下の制限事項があります。※PC用フォームについては A-Form PCと同等です。

モバイル用フォームで使えないパーツ

ファイルアップロードパーツ ファイルアップロードパーツは、受付フォームに画像やPDFなどのファイルを添付できるようにする入力フィールドですが、これは携帯用フォームで使うことはできません(エラーになります)。

一部制限:都道府県パーツ(フィーチャーフォン利用時のみ) 都道府県パーツ(プルダウンメニュー)そのものは携帯用フォームで利用可能ですが、 option value数が多いためページサイズが大きくなる一因になります。特に古い機種を対象にする場合、設問項目数を絞るなどの工夫をして全体のページサイズが収まるようにしましょう。

バリデーションや完了画面に関する制限(フィーチャーフォン利用時のみ)

モバイル用フォームでは次の制限があります

・入力画面でのJavaScriptによるバリデーションは機能しません。確認画面に遷移してエラーメッセージが表示されます。
・モバイル用フォームとして使う場合は、送信完了時の動作として、「確認画面に完了メッセージを表示」は選択しないでください。選択しても(JavaScriptが使えないため)機能しません。

フォームの公開・非公開機能に関する制限(フィーチャーフォンのみ)

時限公開機能
受付開始日, 受付終了日を指定した公開制御機能は、PC用フォームのみ正常動作します。
時限公開機能は、指定日に達するとフォームが再構築されて公開/非公開に変わる仕組みですが、この再構築トリガーは、ユーザがフォームにアクセスした際にJavaScriptを使って判定を行っております。従って、もし同じフォームをPC用としても利用している場合は、PCユーザがフォームにアクセスしたタイミングでトリガーがかかり、携帯用フォームについても公開/非公開が切り替わることになります。

受付最大数を越えたら非公開機能
受付数が最大値を超えたら非公開にする機能は、PC用フォームでのみ正常動作します。
受付最大数機能は、指定数に達するとフォームが再構築されて受付終了状態に変わる仕組みですが、この再構築トリガーは、ユーザがフォームにアクセスした際にJavaScriptを使って判定を行っております。従って、もし同じフォームをPC用としても利用している場合は、PCユーザがフォームにアクセスしたタイミングでトリガーがかかり、携帯用フォームについても状態が切り替わることになります。
なお、受付数とは携帯, PCの受付数の合算です。

外部パラメータ機能

外部パラメータは、 ・PCフォーム ⇒ 文字コードUTF-8とし、URLエンコードした状態で渡してください。 ・携帯フォーム ⇒ 文字コードShift-JISとし、URLエンコードした状態で渡してください。

管理機能に関する制限(フィーチャーフォンのみ)

アクセスレポート機能:
・携帯フォームのセッション数はカウントできません。同じフォームをPC/携帯用に併用している場合、PC用フォームのみのセッション数がカウントされます。
・入力エラーログは、PC用フォームのみがカウントされ、携帯からのアクセス分についてはカウントされません。

「A-Form PC/Mobile」モバイル用フォームの基本仕様と制限事項 についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ


会員制サイト構築プラグイン A-Member

予約サイト構築プラグイン A-Reserve

アークウェブのMovable Typeブログ

→アークウェブのMovable Typeブログ

MTによるサイト構築はこちら

アークウェブはシックス・アパート ProNet Japanのメンバーです。
Movable Typeなどシックス・アパート製品のシステム導入や構築を手がけるパートナー企業のネットワークに参加しています。



サービスおよびソリューション一覧

最新情報・投稿をチェック


このページのトップに戻る

Photo by ....

Powered by Movable Type Pro