** はじめに [#rbdd7ee3]
 
 - webサーバー郡があり、そこから接続されるDBサーバー用インスタンスを作成する手順についてメモ
 - 最終的にはレプリケーションに対応し、マスターはEBSにしたいけど、とりあえず立ち上げまで。
 
 
 ** セキュリティグループを作成 [#wdf0c62c]
 
 - セキュリティグループとはファイアウォールの許可設定の集まり
 - WebサーバーとかDBサーバーとか、同じセキュリティポリシーのものごとに、セキュリティグループを作り、インスタンスにそのセキュリティグループを割り当てる
 - 「xxxxx」というサイトのDBサーバー用セキュリティグループを作成
  ec2-add-group xxxxx-db -d 'db-server for xxxxx'
  GROUP   xxxxx-db     db-server for xxxxx
 - 開発環境からのみxxxxx-webに22番ポートを許可
  ec2-authorize xxxxx-db -P tcp -p 22 -s 11.22.33.44/32
 - Webサーバーから3306ポートへの許可。Webサーバーのセキュリティグループが「xxxx-web」でユーザーIDが「123456789」であると想定。ユーザーIDは、「ec2-describe-group」で確認できる
  ec2-authorize xxxxx-db -P tcp -p 3306 -o xxxxx-web -u 123456789
 
 ** インスタンスの立ち上げ [#a5d45102]
 
 - いつも使っている、http://alestic.com/ の 「Ubuntu 8.04 Hardy」の「server
 32-bit」を使う
  ec2-run-instances ami-0772946e -g xxxxx-db --availability-zone us-east-1a -k keyname
 - sshでログイン
  ssh -i ~/.ssh/xxxxx.id 立ち上がったインスタンスのホスト名
 - とりあえず apt-updateする
  # apt_update
 
 ** senna インストール [#ub05c11d]
 
 - mecabだのなんだのをいれる
  # apt-get install gcc g++ libmecab-dev libncurses5-dev mecab mecab-ipadic
 - sennaをいれる
  cd /usr/local/src/
  wget http://jaist.dl.sourceforge.jp/senna/33763/senna-1.1.4.tar.gz
  tar xvzf senna-1.1.4.tar.gz
  cd senna-1.1.4
  configure --prefix=/usr
  make
  make install
 
 ** tritonnのインストール [#n533e568]
 
 - tritonnのインストール
  cd /usr/local/src/
  wget http://jaist.dl.sourceforge.jp/tritonn/36449/tritonn-1.0.12-mysql-5.0.67.tar.gz
  tar xzf tritonn-1.0.12-mysql-5.0.67.tar.gz
  cd tritonn-1.0.12-mysql-5.0.67
  ./configure \
  --with-senna \
  --with-mecab \
  --enable-assembler \
  --with-charset=utf8 \
  --with-unix-socket-path=/var/lib/mysql/mysql.sock \
  --with-extra-charsets=binary,utf8,cp932,eucjpms,ujis,ucs2,latin1,sjis \
  --enable-thread-safe-client
  make
  make install
 - mysqlアカウントの作成
  groupadd mysql
  useradd -g mysql -s /bin/false -d /home/mysql mysql
 - mysql.sock 用とmysqlのdata用のディレクトリの作成
  install -d -o mysql -g mysql -m 2755 /var/lib/mysql
  install -d -o mysql -g mysql -m 2750 /var/lib/mysql/data
 - mysql_install_dbの実行
  ./scripts/mysql_install_db --user=mysql --datadir=/var/lib/mysql/data/
 - my.cnfの作成
  cp  support-files/my-large.cnf /etc/my.cnf
 - /etc/init.d/mysql の作成
  cp support-files/mysql.server /etc/init.d/mysql
 - 以下を追記
  [mysqld]
  basedir=/usr/local
  datadir=/var/lib/mysql/data
 - 実行権限を与える
  chmod  755  /etc/init.d/mysql
 - sysv-rc-confをいれて自動機動を設定する
  apt-get install sysv-rc-conf
  sysv-rc-conf mysql on
 
 ** Webサーバーからの接続を許可する [#bbe06dd5]
 
 - dbを作る
  mysql> create database foo;
 - mysqlのgrantで
 - mysqlのgrantで。firewallで制御しているので接続元は指定しない。(WebサーバーのIPアドレスなどは動的に変わるので)
  mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON foo.* TO foo identified by 'bar';
 
 
 #blikifooter(志田、斉藤)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

アークウェブのサービスやソリューションはこちら