参考) 
 vnc2swf: http://www.unixuser.org/~euske/vnc2swf/pyvnc2swf-j.html
 PrettyMay: http://www.prettymay.net/index.htm
 
 **背景 [#r2c4aedf]
 -僕たちはアークウェブ社員や、アークウェブ以外の知り合いのエンジニアの方と、勉強会を行っています。
 -せっかくなので、この内容を、その日たまたま勉強会に参加できない人や、将来入社する新入社員向け、また、一般の方向けに動画として共有したい、ということになりました。
 -勉強会は、社外の人も参加できるように[[UltraVNC:http://ultravnc.sourceforge.net/]]とskypeを使って、リモートでスクトップ共有とボイスチャットでオンラインミーティングの形で行っています。
 
 **VNC2SWF [#g632819f]
 -vnc2swfはVNCクライアントとして、VNCサーバーに接続して、デスクトップの映像をSWFとして保存できるものです。
 -vnc2swfは音声は録音できませんので、音声はmp3として別途録音しておいて、あとで、swfとmp3を合体させて、音付きのswfにします。mpegにも変換できるらしいです。
 -C版とpython版がありますが、僕はpython版を使っています。
 
 #blikimore
 
 ''使い方''
  ./vnc2swf.py -P pass.txt -n -o /study/rails2.swf 192.168.0.190 5900
  ./vnc2swf.py -r 8 -P pass.txt -n -o /study/rails2.swf 192.168.0.190 5900
 
 -これで、192.168.0.190の5900番ポートにあがっているVNCサーバーに接続できます。
 -pass.txtには
  rails
 のように、パスワードを平文で書いておきます。
 -フレームレートは8フレーム/sです。
 - /study/rails2.swfというファイルを作成してくれます。
 - 「-n」オプションはコンソールモード、という意味で、つけないでX11環境だと、GUIも使えます。
 
 ''音声との合体''
 -別途録音しておいたmp3と、vnc2swf.pyで作ったswfを合体させるには、edit.pyを使います。
 -mp3は11025、24000、44100いずれかのレートで録音しておく必要があります。
 -こんな感じで使います。
  ./edit.py -S 8s -o /study/rails2-3.swf -a /study/rails2-11025.mp3 /study/rails2.swf 
 - /study/rails2.swfと /study/rails2-11025.mp3を合体させて、 /study/rails2-3.swfを生成します。
 - mp3ファイルを8秒読み飛ばしてから合体しています。
 
 **PrettyMay [#mf08ffa4]
 -http://www.prettymay.net/index.htm からダウンロードすれば普通に使えます。
 -!注意! 30分までしか録音できません。
 
 ** 全体的な注意 [#ea46e8ea]
 - あんまり長い動画になると重くなります。30分くらいであれば大丈夫かな? まだいろいろ試行錯誤中です。
 - VNCはたまにおちることがあるので、別のマシンでVNCクライアントで入っておいて、おちてないか見ておく必要があります。
 
 #blikifooter(志田)
 tag: [[動画>tag/動画]], [[Skype>tag/Skype]], [[オンラインミーティング>tag/オンラインミーティング]], [[VNC>tag/VNC]], [[勉強会>tag/勉強会]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

アークウェブのサービスやソリューションはこちら