&pgid();

SEの小沼です。

2007年9月27日発売のWeb Site Expert #14に、弊社で作成したプログラムが掲載されました。

-Web Site Expert #14
[[http://www.gihyo.co.jp/magazines/WSE/archive/Vol14:http://www.gihyo.co.jp/magazines/WSE/archive/Vol14]]

本誌の方には紹介されていませんが、付属CDの中にサンプルプログラムとして載っています。

写真

今回はその報告と、簡単な説明をしたいと思います。


**目次 [#s9adb80b]
#contents();

**どういうプログラム [#zb1af99d]
-付属CDについているREADMEから概要を抜粋をします。
 このソフトウェアの名前はMeddler(おせっかい屋)といいます。
 Twitterに連続して投稿しているTwitter中毒なユーザーに対して、Twitter上で
 「しごとに戻りましょう」といったおせっかいな忠告をしてくれます。

//**サンプルプログラム [#z0997fca]
//-実際に稼動しているTwitterアカウントもあります。
//http://twitter.com/meddler
//
//-上記のアカウントをaddした後に、短時間に何度もTwitterに書き込みをおこなうと、「しゃべりすぎじゃないですか?」などのおせっかいな助言をしてくれます。

**プログラムの目的 [#y0fee918]
-TwitterAPIの使い方を示すことです。

-今回のサンプルでは、[[Services/Twitter.php:http://labs.transrain.net/products/services_twitter/]]というPHPのライブラリを使って以下の方法を紹介しました。
--発言する方法
--友達に追加する方法
--友達から削除する方法
--友達一覧を取得する方法
--友達の最新の発言を取得する方法

**最後に [#k1128f7a]
-今回は簡単なプログラムをサクッと作る予定だったのですが、以外と手こずってしまいました。
-また当初はサンプルプルグラムをsakuraサーバ上で動作させようと考えていたのですが、sakuraサーバーではcronの設定は一時間より細かく設定することができなかったので、諦めました。。。

-今回のWeb site Expertでは弊社中野の書いた記事などもあります。
-ぜひ一度お手にとってお確かめください。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

アークウェブのサービスやソリューションはこちら