LVM(論理ボリュームマネージャ) http://www.ark-web.jp/sandbox/wiki/62.html

LVM(論理ボリュームマネージャ)

参考サイト)
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/LVM-HOWTO.html

[edit]

LVMとは

[edit]

実際に使ってみた

インストーラが作成したVG(VolumeGroup)を使用する

ディスクが一つしかないので、複数ディスクの扱いはやらない

[edit]

VolumeGroupの存在確認

vgdisplay
存在するVolumeGroupの情報が出力される
[edit]

LogicalVolumeの作成

lvcreate -L 1G VolGroup00 
指定したVGから-Lで指定したサイズのLVを作成
LVの名前は連番だが、-nで指定可能
LVは/dev/VolGroup00 内に連番で作成される(デフォルトは/dev/VolGroup00/lvol0)
[edit]

ファイルシステムの作成

mkfs /dev/VolGroup00/lvol0

マウントしてみる

mkdir /mnt/test
mount /dev/VolGroup00/lvol0 /mnt/test
ls /mnt/test
touch /mnt/test/test.data
ls /mnt/test
[edit]

容量追加

lvextend -L +1G /dev/VolGroup00/lvol0
または
lvextend -L 2G /dev/VolGroup00/lvol0
両方ともlvol0を2Gに変更する
-Lに+を指定するとその容量分だけ追加する

この状態では、まだ1Gしか使えないので、fsをリサイズする

umount /mnt/test
resize2fs /dev/VolGroup00/lvol0
(e2fsckを実行しろと言われるかもしれない)
mount /dev/VolGroup00/lvol0 /mnt/test
ls /mnt/test
(データはそのままで容量が増えているはず)
[edit]

容量を減らす

lvresizeかlvreduceが使えるが、ファイルシステムが壊れるので使わない

容量を減らしたい場合は バックアップ→LV削除→LV作成→バックアップから戻す という手順でやる。

[edit]

LV削除

また今度

投稿者斉藤 | パーマリンク

| append.gif

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-31 (月) 11:59:55 (4823d)

アークウェブのサービスやソリューションはこちら