ネットワーク/EC2/EBSを使用する http://www.ark-web.jp/sandbox/wiki/4838.html

ネットワーク/EC2
EBSの作成とマウントのメモ

参考:

[edit]

インスタンスの確認

とりあえず鍵ファイルをEXPORTしておく。

# export EC2_CERT=*****************************.pem
# export EC2_PRIVATE_KEY=********************************.pem

ec2-describe-instancesを使ってインスタンスのIDやロケーションを確認する。

#ec2-describe-instances
RESERVATION     r-********      ************    webserver
INSTANCE        i-********      ami-********    *****************.compute-1.amazonaws.com      domU-****************.compute-1.internal       running ******  0 m1.small 2009-07-22T07:34:49+0000        us-east-1d      aki-********    ari-********            monitoring-enabled
RESERVATION     r-********      ************    dbserver
INSTANCE        i-********      ami-********    ******************.compute-1.amazonaws.com      domU-***************.compute-1.internal       running ******  0 m1.small 2009-07-27T07:59:57+0000        us-east-1d      aki-********    ari-********            monitoring-disabled

上記 i-******** がインスタンスのID、us-east-1dがロケーションとなる。

[edit]

EBSボリュームの作成

ec2-create-volumeを使用する。-zオプションでロケーションを、-sオプションでサイズを指定する。

# ec2-create-volume -z us-east-1d -s 100
VOLUME  vol-********    100             us-east-1d      creating        2009-09-26T14:31:43+0000

終ったら確認してみる。

# ec2-describe-volumes vol-********                                
VOLUME  vol-********    100             us-east-1d      available       2009-09-26T14:31:43+0000
[edit]

インスタンスにアタッチ

ec2-attach-volumeを使用する。-dオプションでデバイス名 -iオプションでインスタンスIDを指定する。

# ec2-attach-volume -d /dev/sdh -i i-******** vol-********
ATTACHMENT      vol-********    i-********      /dev/sdh        attaching       2009-09-26T14:34:23+0000

sshでインスタンスにログインしてアタッチされているか確認。

# ls /dev/sd*
/dev/sda1  /dev/sda2  /dev/sda3  /dev/sdh

/dev/sdhがあることを確認。

[edit]

フォーマットしてマウント

[edit]

ext3でフォーマット

# mkfs.ext3 /dev/sdh
mke2fs 1.40.8 (13-Mar-2008)
/dev/sdh is entire device, not just one partition!
Proceed anyway? (y,n) y
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
6553600 inodes, 26214400 blocks
1310720 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=0
800 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
        4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 35 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[edit]

マウント

マウントポイントは/vol/ebs1とした。

# mkdir /vol/ebs1 -p

/etc/fstabに以下の行を追加。

/dev/sdh  /vol/ebs1  ext3    defaults 0 0

マウントする。

# mount /vol/ebs1
[edit]

mysqlのデータをEBS上へ

[edit]

あらかじめ同期しておく

# rsync -a /usr/local/mysql/data/ /vol/ebs1/
[edit]

mysqlをstop

# /etc/init.d/mysql.server stop
[edit]

再度同期

# rsync -a /usr/local/mysql/data/ /vol/ebs1/
[edit]

dataディレクトリをリネーム

# mv /usr/local/mysql/data /usr/local/mysql/data_old
[edit]

マウントポイント作成

# mkdir /usr/local/mysql/data
[edit]

/vol/ebs1をアンマウント

# umount /vol/ebs1
[edit]

/etc/fstabを修正

# echo /dev/sdh /usr/local/mysql/data ext3 defaults 0 0 >> /etc/fstab
[edit]

/dev/sdhをマウント

# mount /usr/local/mysql/data
[edit]

mysqlをstart

# /etc/init.d/mysql.server start
[edit]

/etc/fstabから/vol/ebs1の行を削除

viでコメントアウトして対応

投稿者斉藤 | パーマリンク

| append.gif

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-04 (日) 10:20:24 (3662d)

アークウェブのサービスやソリューションはこちら