Movable Type/第5回MTプラグイン勉強会 - Bootsrapを使った独自CGIの作成 http://www.ark-web.jp/sandbox/wiki/331.html

Movable Type/第5回MTプラグイン勉強会 - Bootsrapを使った独自CGIの作成

第5回はMT::Bootstrapを使った独自CGIの作成を取り上げます。って、よく考えたらプラグイン開発の範囲から逸脱してますね、このネタ^^;

[edit]

動画(Ustream)

勉強会の模様をアップしました。ご参加ありがとうございます。
また、アドバイスありがとうございました>ogawaさん

Webcast powered by Ustream.TV

Ustreamのチャンネルはこちら。
http://www.ustream.tv/channel/mt%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9A

[edit]

ご感想・ご質問など

ご感想、ご質問などあればお気軽にどうぞ。頂けるととても励みになります。


[edit]

勉強会で解説したプログラムコードのダウンロード

[edit]

ネタ

[edit]

日時

[edit]

MT::Bootstrapを利用して独自CGIを作る

MT4.xプラグイン作成/MTのライブラリを利用した独自アプリを作るを参照しながら説明する。

[edit]

MT::Bootstrapを利用したCGIにおけるMVC風アーキテクチャ

MT4.xプラグイン作成/MTのライブラリを利用した独自アプリを作るでは、モデルはMT::EntryやMT::Authorなど、既存のモデルを利用しているが、独自モデルを使うことももちろんできます。

また、MT::Bootstrapを利用した独自CGIもプラグイン化して提供すると以下のメリットがあります。

構造のイメージは以下の通りです。

MT_DIR/
|__ (plugins)/
   |__ MyPlugin/ <- プラグイン・スクリプト
      |__ *.pl     <- プラグイン本体
      |__ *.cgi    <- MT::Bootstarpを使ったCGIプログラム
      |__ lib/           <- 独自開発のクラスファイルを格納
      |  |__ MT/
      |  |   |__ *.pm      <- モデルクラス(MT::Objectのサブクラス)
      |  |__ *.pm          <- コントローラクラス(MT::Bootstrapを利用して呼び出されるアプリケーションの実体)
      |__ tmpl/          <- View(テンプレートファイル)を格納
         |__ *.tmpl
[edit]

次回予定

次回はエントリー内変数の再構築時置換方法、再構築呼び出しを取り上げようと思います。

投稿者進地 | パーマリンク | コメント(0)

| append.gif

tag: Movable TypeMTMTMTPlugin勉強会A-Form


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-20 (金) 11:19:53 (4192d)

アークウェブのサービスやソリューションはこちら