RIA/リッチクライアント/利用者にターゲットを絞った今後のRIA戦略のトレンドとは http://www.ark-web.jp/sandbox/wiki/309.html

RIA/リッチクライアント/利用者にターゲットを絞った今後のRIA戦略のトレンドとは
[edit]

あらまし

[edit]

ITアーキテクト特別セミナー

2008/03/18 品川グランドホール

[edit]

基調講演:業務アプリのUIとリッチクライアント技術を巡る最新動向

[edit]

最近のリッチクライアントの課題

[edit]

エクスペリエンスの統一

[edit]

C/S時代

[edit]

最近

[edit]

なぜ、コンシューマで普及したものが重要になるのか

[edit]

RUIのよさ

[edit]

RUIの例

[edit]

コモンセンス

[edit]

高いUX(ユーザエクスペリエンス)はポジティブな情動を生む

[edit]

多くの利用者を獲得する

[edit]

Ajaxは利用者に知らぬ間に普及した

[edit]

普及率を上げるためには

このように、利用者側に支持されるように動き出している

[edit]

オンラインショップの3Dの事例

上記はどちらもアプリに表示されるアバターに着せ替えをしたり、
3D空間に家具を設置したりできるものですが、これがシームレスに
既存のWebと連携してオンラインショップから購入できるようであれば、
ユーザエクスペリエンスを与えられますね

[edit]

将来的なリッチクライアントとは

[edit]

エクスペリエンスの進化

[edit]

エクスペリエンスの分野

[edit]

エクスペリエンス・テクノロジーの事例

[edit]

Site Optimization

[edit]

Experience Management/Monitoring

[edit]

Knoa

[edit]

Interaction Optimaization

[edit]

Chordiant

[edit]

エクスペリエンス・テクノロジーのまとめ

投稿者竹村 | パーマリンク

| append.gif

tag: RIA, エクスペリエンス


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-19 (水) 07:23:01 (4202d)

アークウェブのサービスやソリューションはこちら