ツール/SFTPクライアント/WinSCP/設定 http://www.ark-web.jp/sandbox/wiki/2578.html

ツール/SFTPクライアント/WinSCP/設定
[edit]

目次

[edit]

概要

SFTP対応、公開鍵認証対応、UTF8対応のFTPクライアントであるWinSCPの設定について説明します。
(windows版での公開鍵認証について解説していきます サーバはFedora)

[edit]

ダウンロード インストール

公式サイトで最新版を入手できます。
http://winscp.net/eng/index.php

[edit]

ダウンロード

ダウンロードページのInstallation packageをダウンロードして実行します。

[edit]

インストール

インストーラが起動したら二つの設定項目が出てきます。次のように設定してください。

セットアップ方式:標準的なインストール
インターフェイススタイル:ノートンコマンダ

この後インストールを押して終了です。

[edit]

設定

[edit]

セッション

ホスト名: プロジェクト名.ark-web.jp
ポート番号: 22
ユーザ名: プロジェクト名
パスワード: 空のままでOK
秘密鍵: 指定された鍵(ssh_key.ppk)ファイル
プロトコル: SFTP
SCP代替システム: チェックを外す
winscp_02.png

ここで一旦保存します。保存名は自動で(ユーザ名@ホスト名に)補完されるのでそのまま使用するのがいいでしょう。
プロトコルにSCPでなくSFTPを用いるのはリモートファイル名を強制的にUTF8にエンコードするためです(FedoraがUTF8なので)

[edit]

環境

行端文字: LF
ファイル名をUTF8でエンコード: オン
夏時間: リモートのタイムスタンプをローカルの仕様に合わせる
winscp_03.png
[edit]

環境/ディレクトリ

リモートとローカルで同期させたい二つのディレクトリを指定します。

例
 リモートディレクトリ: /htdocs 等
 ローカルディレクトリ: svnでチェックアウトした作業コピー 等
[edit]

SSH

ここはデフォルトで問題ありません。
プロトコルの優先順位は「2」または「2のみ」にするくらいでしょうか。

[edit]

設定

インストール時にノートンコマンダを選択しているのでノートンコマンダにチェックが入っているはずです。
変更の必要はありません。

ここでもう一度保存します。
ここに環境設定ボタンがあるのでクリックして他の設定を行います。

[edit]

環境設定

セッション毎でなく全般の設定になります。
問題になるのは「転送」および「初期設定」の部分だけです。

[edit]

転送

デフォルトで問題ありません。
全てのセッションで有効になる設定です。
セッション毎に条件を付けたい場合は転送/初期設定に追加します。

[edit]

転送/初期設定

「追加」をクリックして除外するマスクなどを設定していきます。

winscp_04.png

例として.svn/ のsubversionの設定ファイルを除外する方法を示します。

プリセットの記述: この設定の保存名を指定します(svnファイル除外(ark-web.jp)等)
その他: 除外する
マスク: .svn/
このプリセットを次の場合に自動選択にチェック
ホスト名をマスク: *.ark-web.jp

ここでOKを押すと保存されます。
プロジェクト名.ark-web.jpに接続した場合のみ.svn/ が転送されなくなります。
ark-web.jpでの運用ではさらに、

転送モード: バイナリ
パーミッションの設定: 
  8進数: 0664
  ディレクトリにxを付加: チェック
表示上はrw-rw-r-- (+x)

をセットしておきます。

以上で環境設定は終了です。
OKを押して最初の画面に戻ります。

[edit]

詳細設定

左下に詳細設定ボタンがあるのでチェックをいれます。
設定項目がいくつか増えますがほとんどデフォルトのままで問題ありません。
ただし、以下の設定項目は変更しておいたほうが無難です。

[edit]

SSH/認証

FileZillaのような問題が起こる可能性があるので「Pageantでの認証を試みる」のチェックを外しておきます。
その後保存します。

[edit]

ログイン

最初の画面に戻ったら「セッション/保存したセッション」から保存したセッションを選択してログインボタンを押します。

winscp_05.png

パスフレーズの入力画面が現れるので鍵に対応したパスフレーズを入力します。

winscp_06.png

接続が成功すれば以下の画面になります。

winscp_07.png
[edit]

ログイン後の操作方法

ark-web.jpでの運用法(暫定版)

[edit]

ファイルの同期

環境/ディレクトリで同期するディレクトリを設定している場合はそのまま、設定していない場合はリモートとローカルで同期させたいディレクトリに移動します。

メニュー -> コマンド -> ディレクトリの比較(Ctrl+C)を選択するとタイムスタンプやサイズの違うファイルや片方だけに存在するファイル等が色分けで表示されます。

winscp_08.png



メニュー -> コマンド -> 同期(Ctrl+S) を選択して同期画面を出します。

winscp_09.png

同期画面にて

方向: 双方向
モード: ファイルを同期
次回も同じオプションを使用にチェック

をセットしてOKを押します。

変更をプレビューにチェックが入っていると同期前にチェックリストが表示されます。

winscp_10.png

転送したくないファイルはここでチェックを外しておきます。
OKを押すと転送が始まります。

転送終了後はプロジェクトページにて変更が反映されたか、ちゃんと表示されるかを確認します。
確認してOKならば転送したファイルをSVNでコミットします。

投稿者斉藤 | パーマリンク

| append.gif

添付ファイル: filewinscp_10.png 152件 [詳細] filewinscp_09.png 150件 [詳細] filewinscp_08.png 225件 [詳細] filewinscp_07.png 178件 [詳細] filewinscp_06.png 850件 [詳細] filewinscp_05.png 869件 [詳細] filewinscp_04.png 1169件 [詳細] filewinscp_03.png 950件 [詳細] filewinscp_02.png 883件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-07 (金) 12:32:42 (4029d)

アークウェブのサービスやソリューションはこちら