エコピ勉強会/プラスチックのゆくえ http://www.ark-web.jp/sandbox/marketing/wiki/288.html

[edit]

プラスチックのゆくえ

[edit]

プラスチック製品ができるまで

  1. プラスチックは、主に石油(原油を精製してできるナフサ)から作られている。
  2. ナフサをを化学反応させ、様々な性質をもったプラスチック材料が作られる。
    • 汎用プラスチックと言われるポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PS)、塩化ビニル樹脂(PVC)などの他、多数
  3. プラスチック材料を成形加工し、プラスチック製品が作られる。
 

※プラスチックは原油から何段階かの化学反応を経て生産されるが、製品化されるまでに消費される資源とエネルギーは、鉄、アルミ、ガラスのいずれの場合よりも少ないといわれている。

[edit]

3つのリサイクル

  1. マテリアルリサイクル
    http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2479
    • そのまま原料として加工し、再利用すること。「材料リサイクル」「材料再生」「再資源化」「再生利用」とも言われる。
      • 例)溶かして新しい製品に成形し直す
  2. ケミカルリサイクル
    http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=730
    • そのままの状態ではなく、化学反応により組成変換した後にリサイクルすること。
      • 例)化学反応させて油やガスに変える
  3. サーマルリサイクル
    http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=957
    • 焼却の際に発生する熱エネルギーを回収して利用すること。
      • 例)熱エネルギーを使って発電する
[edit]

悩ましい問題、焼却すべきか否か?

【焼却炉や電気炉などの対策】
800℃以上の高温での保持時間を長くし完全燃焼させ、300℃程度の温度の滞留時間を
短くするため急速冷却し、活性炭により生成された微量のダイオキシン類を吸着し
バグフィルターでろ過してから再加熱し大気中に放出している。
(Wikipedia「ダイオキシン」より)
[edit]

脱石油宣言! 循環型プラスチックへ

[edit]

生分解性プラスチック(グリーンプラスチック)

[edit]

CO2プラスチック

 

【環境立国ニッポンの挑戦】「“厄介者”を資源に」
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080322/env0803222105006-n1.htm

CO2プラスチックは燃やしたときのCO2発生量が3割以上少ないと試算され、何よりCO2を
原料にできるという大きな利点がある。発電所や工場から排出されるCO2を回収する技術と
組み合わせれば、CO2の排出削減に大きく寄与するはずだ。
[edit]

感想

[edit]

参考にしたサイト

0からわかるプラスチック
http://www.uclid-f.com/0kara.htm

社団法人プラスチック処理促進協会
http://www.pwmi.or.jp/home.htm

日本バイオプラスチック協会
http://www.jbpaweb.net/

[おいくら]エコロジーレポート
http://www.oikura.co.jp/ecoreport/eco015.shtml
http://www.oikura.co.jp/ecoreport/eco044.shtml
http://www.oikura.co.jp/ecoreport/eco058.shtml


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-19 (木) 12:03:51 (4137d)

アークウェブのサービスやソリューションはこちら