#topicpath
 
 ** このページは? [#h24ed91e]
 
 - 2008年7月18日、ハーモニーアイ主催の『[[本物のWebアクセシビリティー・セミナー 〜「知ってる・やってるつもりになっていませんか?」ユーザーが求める本物のアクセシビリティお見せします!〜>http://www.harmony-i.org/csrdiv/release/2008061401.html]]』での視覚障害者の方4名によるパネルディスカッションを聴いてのメモです。
 
 - COLOR(red):注意:以下の内容は、近藤がディスカッション中に書いたメモを元にしているので、聞き違いや誤解などがあるかもしれません。
 
 
 ** パネルディスカッション 「東西の視覚障害者に、生の声を聞く(関西ユーザーはSkypeで出演)」 [#n4610edd]
 
 - 会場の参加者からの質問にパネラーが答える質疑応答形式
 
 *** パネラー4名のプロフィール [#b4d6c906]
 
 - Aさん(男性)
 -- DOS時代からのコンピューター歴20年
 --- 自作で組み立てたりもする
 -- 見たいサイトなら何がなんでも見る。
 --- 聞流ししてでも。
 -- Yahoo!オークションをよく見る。
 
 - Bさん(男性)
 -- パソコンは1990年から使ってる。
 --- インターネットは1999年から。
 -- よく見るのはアマゾン、ヤフーミュージック、ヨドバシ、辞書、Wikipedia
 -- ネットリーダーを使ってる。
 
 - Cさん(男性)
 -- 10年前に失明。
 --- 2年前からは少し見える。
 -- 特定のページは見ない。
 -- 調べ物をするときにGoogleなど。
 -- [[サーチエイド>http://www.lares.dti.ne.jp/~tomof/soft/lib/searchaid.htm]]を使っている。
 
 - Dさん(女性)
 -- 主婦。中途失明。
 --- 2000年からパソコン。
 -- ネットリーダー使用。
 -- 調べ物をする。
 --- リテラシーはあまり高くないので、堂々巡りをしてしまったりする。
 
 
 *** 質疑応答 [#s47da2c4]
 
 - ナビゲーションリンクを使用してスキップしますか?
 -- よく使う。(Dさん)
 -- 使うけど、最善だとは思ってない。(Cさん)
 -- 使ってない。ブラウザソフトのナビゲーション機能を使う。(Bさん)
 -- あれば使う。(Aさん)
 -- 本文へジャンプが効かないブラウザもある。
 
 
 - GoogleやYahooで調べ物をするときに困ることは?
 -- 特にない。(Cさん)
 -- 検索した結果の本文にすぐに移動することができないのが不便。(Aさん)
 -- Googleの広告があると見にくい。
 
 
 - pdfを使用する場合、どうすれば良いですか?
 -- もっと軽くしてほしい。
 -- 重要なものほどテキスト化してほしい。
 -- 表がくずれる。表はエクセルにしてもらうとか。
 -- pdfするときにアクセシビリティのオプションを2つ(?と?)許可にしてもらう。
  どのオプションかうまく聞き取れなかったが、「Webアクセシビリティ」
  (アークウェブでは通称:黄緑本)http://www.amazon.co.jp/dp/4839922209
  のP419〜P420にある、[Acrobat PDFMaker]のダイアログボックスの設定タブにある
  [タグ付きPDFでアクセシビリティと折り返しを有効にする]と、セキュリティタブ
  にある[スクリーンリーダーデバイスのテキストアクセスを有効にする]のことではないか。
 
 -- この間自分で書類をpdfにした。すごく楽! pdfを使う人の気持ちも分かる。
 
 
 - その他パネラーの方が思うこと
 -- 作る立場で考えるのではなく、ユーザーの視点で考えてほしい。
 -- メニューからではなく、本文を一番最初に読み上げられるように作る、とか。
 --- 構造そのものをもっと考えてほしい。
 -- You Tubeなど、実は映像を良く見る。
 -- アクセシビリティの教科書のような静的サイトではなく(それはやっぱりおもしろくない)、楽しめる動的サイトを作ってほしい。
 
 
 *** 感想 [#v0007edc]
 - 「[[アックゼロヨン・シンポジウム Vol.1>http://www.w2c.jp/Seminar/2008/june/13_day/]]」で感じたことを再認識。
 -- リテラシーによって使い方が異なるのは、晴眼者も障害者も変わらない。
 -- みな、楽しめるものを求めている。(見えるか見えないかではない) 
 -- 評価ツールや、ガイドラインに偏ることなく、どうしたら一番伝わるかを考える。
  “The power of the Web is in its universality. 
   Access by everyone regardless of disability is an essential aspect.”
  
  『Webの持つパワーは、そのユニバーサル性にある。
   つまり、障害の有無に関係なく、誰もがアクセスできることこそがWebの本質なのである。』
  
  「Webの創成者、ティム・バーナーズ=リーの言葉」より
 
 #br
 
 - ''「どうやったらよりたくさんの人が楽しめるか」を考え続けること。''
 
 ----
 
 **コメントをどうぞ [#c51ad97d]
 - こんにちは。CNET Japanで読者ブログを書いている者です。私も当日のレポートをブログに掲載いたしました。その際、こちらのページへもリンクさせていただきました。よろしくお願いいたします。【読者ブログ】- アクセシビリティセミナーレポート http://japan.cnet.com/blog/webclip/ -- [[ミキ・オキタ]] &new{2008-08-14 (木) 10:26:41};
 
 #comment
 
 
 #blikifooter(近藤)
 
 

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

アークウェブのサービスやソリューションはこちら